MENU

資源リサイクルと自動車部品の製造・販売

安全衛生推進活動

当社は、社員及び関係者、一人ひとりが全員参加のもと、安全衛生推進活動を継続致します。

健康・安全で安心して働ける職場の構築

3つのマテリアリティー(重要課題)

01

未然防止

未然防止

休業災害・人身事故のゼロ化

災害事故が発生する前に事前に防ぐことが大切です。どんなにハード面・ソフト面を構築しても、人の操作ミスや勘違いによる災害事故は発生します。

当社では、人のエラー傾向・パーソナル傾向に着目したヒューマンエラー対策に着目し、人の不安全行動の低減・危険予知活動を推進して参ります。

また、リスクアセスメント・ヒヤリハット活動を推奨しており、不安全状態の低減にも力を入れております。

実際に災害事故が発生した際は、確実に再発防止対策を実施し、対策有効性の確認を行います。

02

情報収集力

情報収集力

法令/災害・事故事例、他社動向の理解と蓄積

労働安全衛生法令の改正情報収集及び世間一般・他社災害事故事例を収集し、適宜社内に展開します。

また、収集した情報を仕組みにフィードバックします。

03

企画/サポート力

企画/サポート力

仕掛けづくり/人づくり

フォークリフト/トラック等の安全運転講習会等、各種教育・講習を企画することで、「安全管理水準の向上」及び「安全に対する意識改革の推進」を図ります。

各事業部との連携による現場に根差した仕組みの開発と定着

各種マニュアル・規程の開発と定着化、リスク管理「BCP」の構築、5S活動強化及び海外拠点との連兼強化を行い、より良い仕組みの開発と定着化を継続的に行います。

PAGETOP