MENU

資源リサイクルと自動車部品の製造・販売

環境負荷低減への取り組み

リサイクルアルミにおける取り組み

再生重油の利用と廃熱の利用

リサイクルアルミにおける取り組み

アルミの溶解工程では多くのエネルギーが必要ですが、当社は100%廃油からの再生重油を使用しており省資源に寄与しております。

さらに溶解炉から放出する熱源(廃熱)を回収して、高温な空気で燃焼することにより燃焼効率を改善してCO2削減につなげています。

リサイクルアルミの溶湯運搬

リサイクルアルミの溶湯運搬

インゴットにする前の溶湯(溶解アルミ)を、そのまま大手自動車メーカー等へ納入しています。

納品先のお客様でアルミを再溶解する必要がなく、納期とコストの低減化だけでなく顧客先でのCO2削減に貢献します。

廃車リサイクルによる資源循環型社会への貢献(クルマからクルマへ)

廃車から回収された使える部品はリサイクルパーツとして、また残りのアルミや鉄スクラップについてももう一度クルマに生まれ変わります

リサイクルパーツの生産販売

そのまま使用可能なパーツはリサイクルパーツとして保管、販売しております(リユース)。

国内においてはグリーンポイントシステムによりパーツごとにお客様のCO2削減効果がわかります。

使用済自動車から自社でアルミリサイクル

ホイールはもとより、エンジン、ミッション、ラジエーターなどから回収したアルミ部材は、栃木県にある当社のアルミ工場で溶解して再資源化しています。

このように使用済自動車(ELV)からのリサイクルパーツの生産販売や、自社内でのアルミリサイクルをいち早く取り入れ、循環型社会構築の一端を担っています。

PAGETOP