アルミ事業 再資源化に適したアルミを、自社工場で高品位リサイクル

アルミニウムは酸化しづらく、何回もリサイクルが可能なことから、きわめて再資源化に適した金属です。そのため当社では、資源循環推進の観点からも意欲的にアルミリサイクルを推進。アルミ屑を自社専門工場で溶解・精錬し、高品位の溶湯やインゴットとして販売しています。

アルミリサイクルの流れ

使用済自動車 解体した建屋 その他 → 原材料 ・アルミホイール・エンジンまわりからの機械鋳物屑・サッシ屑・アルミシュレッダー屑・廃棄アルミ屑 → 予備加工 ロータリーキルンで乾燥させて不純物を除去。不純物が多い場合は回転炉で溶解してベースメタルを精製。 ロータリーキルン 回転炉 ベースメタル → 溶解 原材料、ベースメタルを反射炉に投入し、完全溶解してアルミ分を残し不純物を取り除く。品質チェックを繰り返し、製品規格を満たすまで添加材を投入して調整。 反射炉 品質チェック → 溶湯生産 溶湯(溶解アルミ) / インゴット生産 インゴット → 自動車メーカーなど / 商社、卸問屋など

サービスメニュー

1. アルミインゴットの生産・販売

アルミインゴットの生産・販売

使用済みのアルミ製品やアルミ屑を原料に、特殊な設備と独自のノウハウのもと溶解。厳しい品質チェックをクリアした溶湯アルミを鋳型に流し込み、高品位の二次合金インゴット(冷材)として生産・販売しています。耐久性や耐磨耗性など、お客様の用途やニーズに応じてインゴットの成分組成は変化させています。

2. 溶解アルミの生産・販売

溶解アルミの生産・販売

インゴットにする前の溶湯(溶解アルミ)を、そのまま大手自動車メーカー等へ納入しています。納品先の企業さまでアルミを再溶解する手間が省けるため、納期とコストの低減化につながります。

当社アルミ事業の特長

  • 特長1

    日本初の専用容器で溶解アルミを保存・運搬

    アルミを溶解させたまま保存、運搬できる技術を提携企業と共同開発。日本初の専用容器(溶湯レードル)に溶けたアルミニウムを入れ、 専用車輌でお客様のもとへお届けしています。

  • 特長2

    成分検査による厳しい品質チェック

    アルミの精錬過程でテストピースを作成し、化学分析器による成分検査を実施。
    基準値に達するまで成分検査を何度でも繰り返し、常に製品の品質を厳格に管理しています。

  • 特長3

    「ISO9001」と「ISO14001」を取得

    栃木県にある自社工場では、「ISO9001」と「ISO14001」を取得。品質と環境の両面でマメジメントを進めています。